委員会の審議と明証グラウンド

 今日は建設経済委員会の委員間討議が行われます。名証グラウンドに関する議案について明確な方向を示してくると思う。こちらで、私の意見を少し述べさせていただきます。
 名証グラウンドを確保した方がいいと思います。出来るだけ必要な整備だけをし、今のままでキープをした方が良い。だから、現在の行政の、またURが絡む計画を見直すべきです。その理由を簡単に説明いたします。
 まず計画説明で日常の利活用を明確にしてくれない。今までの答弁のなかで、テニスコートがなくなる、野球、ソフトボールなどの試合が出来なくなると思うしかないです。年間に約50,000人の市民が利用していた機能がなくなる。これは、またURに丸投げにしている結果か、それともこれからどこかで何十億円もかかるグラウンドを作る理由としても考えられる。
 これからスポーツ施設を増やす必要があるなら、前向きに検討していきたい。名証グラウンドを市民の望まない形にし、スポーツ機能を潰し、その後にまた行政から新しいスポーツ施設という話は聞きたくないです。
 今まで、行政側は地元の皆さん又は関係あるスポーツ団体との整備計画とその影響について相談もせずに進もうとしている。そして、災害の場合、広域避難場所から一時的な避難場所になります。
 全体の計画のなかで北消防署出張所の移転が含まれている。しかし、何百台の駐車所と県道に挟まれ、祭り、花火、年末年始などには大渋滞の中、救急活動を阻まれることとなる。
 他にも心配していることには、URとの関係や全体の事業の総合費用だ。新体育館(羽黒中央公園)建設に続いての大きい事業であり膨大な予算を使う。知っている限りで、他の自治体(特に犬山市と同じ規模)でこのようなパターンがない。どう見ても、十分な検討をせずに、URありきでした。
 コスト面では、行政が提案している計画で想定している予算は約28億です。羽黒中央公園の話が出たときには、40億円弱の数字でした。『行政が40億といっているなら、50、60億になるよ」と言ったが当時『それはないです」といわれた。本格的な工事がまだ始まっていない段階で、すでに予算は54億に膨らんできた。
 名証グラウンドを役立つ、市民が望む形で、シンプルに確保すべきです。